ARMOR MODEL SA-3542OrderSA-3546

新砲塔 インパール
SA-3543 

実車概要
  1. インパール作戦に参加した戦車第十四連隊所属の現地改修車。
  2. 装着された増加装甲はM3軽戦車の外板から作られ、車台前部の大面積部は車体上部の後背部、車台上部前面中央部へは、スポンソン部の正面が流用された。
アイテム概要
  1. FM社、新砲塔用のパーツセットです。
  2. この製品はFM社の新砲塔への取り付けを想定しています。 増加装甲板はタミヤ社の新砲塔に装着可能ですが、火砲の大架は適合しない です。

The Contents thing of Product.
Example view of assemble.
連結履帯を履かす時に機動輪が回転した方が利便が良いので、焼き止め固定。
アウター側の機動輪の内側をリューターで削り、焼き潰したピンのクリアランスを設けます。
上部支持輪架固定用のリベットを付けます。
ギヤハウジング前の装甲板固定用のボルトを付けます。
このボルトのピッチは不等で、位置は内側寄り。
右舷装甲板下端(写真は上下がテレコ)の退けが目立つのでパテ埋め。
(内側のリブの体積が・・・)








Assemble Completed.
取り敢えず組み立て終了
車台上部は限定版の相模版を使ってますが、特に意味はありません。
キャタピラは別々に作業を進めるので未装着。
塗装は染料系にて筆塗りで仕上げようと思うので、下塗りを施し生地を整えます。
(08.08.17 ここまで)
モロモロの事情により吹き付けに変更
(08.11.17)
(08.12.1)とりあえず完成
muziam

ARMOR MODEL SA-3542OrderSA-3546