← ZA-3504 AFV MODEL LIST Order ? ZA-3506 ⇒

ZA-3505
Kw.K.39 60口径50mm戦車砲
(for TAMIYA Pzkpf 3 ausf L & Tristar Pzkpf 4 ausf D)
Price.....750 Yen (税抜き)

アイテム概要
  1. タミヤ社のV号戦車L型や、トライスター社の四号戦車D型用の真鍮削り出し製の砲身です。(主砲を50oに換装した試作車が、1942年に作られました)
  2. タミヤ製のV号戦車に使う時は、パーツC4、29&30の加工が、トライスター社の四号D型に使う時は、パーツB14のセンターにφ2oの穴を開けて取り付けて下さい。
  3. 商品は、真鍮挽き物(切削品)砲身1本と取り付け部1個で構成されています。該当するキットや、その他部品は含まれておりません。

The Contents thing of Product.
砲身とマウントの2ピース構造です。
(共に真鍮)
The equipment view of TAMIYA.
パーツC4の先端を削り、プラ砲身(C29&30)を閉鎖器から10oほどのところで切断して下さい。
「グンゼ産業」時代の3号戦車です。 そのまま装着できます。(まぁ、こういう使用例は殆ど無いでしょうけど、、、)

The equipment view of TRISTAR.
(旧トライスターさんの4号戦車D型に使います)
B14のセンターにφ2oの穴を開けて装着して下さい。
(この記事を書き始めた2007年頃には、サイバーホビー製のキットは無かったのであります)
ところで、60口径50o砲を搭載した4号D型は「シリーズラスト68台に生産された
車台下部正面装甲厚が50mmのタイプ」と、中々にマニア心をくすぐるモ
ノであります。
取り敢えず0.5oプラ板を貼り付けて、それっぽくしておきます。
車台下部正面に、0.5oプラ板を貼り付けたのでファイナルギア
ハウジング取り付けフランジ内側のボルトのモールドと干渉して、
底面と側面を接着できません。
暫く、考えていましたが、側面内側の取り付けリブの一部
を削れば、以外とすんなり収まってくれました。
底面後端には立ち上がりがあり、ここに、Aの8番(車台下部後面)を取り付ける様に
なってますが、「ここに付けずとも、側面の端面につければ良いんじゃないの?」と
考え、底面後端の立ち上がり部を切断しました。(が、しかし!)


← ZA-3504 AFV MODEL LIST Order ? ZA-3506 ⇒