マシ-ネンファンの集いに参加されていた皆様へ.
9/23のファンの集いにアポ無しで来場し、雰囲気を損なった事をお詫びします。
AFVの会の様にオープンなイベントであると考えていたのもありますが、HLJによる事実を歪曲しての責 任転嫁の為、精神面で非常に疲弊しており、当日イベントに参加していた人物への質問の件のみが先立ち、 周囲への配慮が疎かになっていました。

彼のブログ内に「HLJは即座に販売を中止した。」との趣旨の記述をしていたが、それは全く異なります。
HLJは弊社より半年前に問題を認識しながら、隠蔽して販売を継続しました。
また、この間HLJよりこの件に関する質問は全くありませんでした。

ブログの管理人は、この件を一年前に認識していた事をブログ内で漏らしていますが、弊社に連絡しないば かりか一連の商品の問題を認識しながらも、それらをポジティブなコメントを伴って紹介している点や、HL Jも販売に従事していたのにそれには触れずに「zitaderの責任は重い」と一方的に結論付けている点などが 大変疑問だったので、当人が偶々来阪したのを機に、直接質問しました。
大手メーカーに取材訪問され、機密度の高いセクションに足を運んでいたので、業界人、つまり HLJのスタッフではないか?との強い先入観を持っていましたが、私の質問に対し「関係者の 指示依頼に拠る事だ」と明確な回答を避け続けました。
彼は関係者からの指示に抵抗があったので自分の妻に相談の上で記述した事、そしてそれは行き過ぎだった事を 私に謝罪したが、それが本心だったのかどうかわからない。
彼がHLJのスタッフではないか?と言うのは、私の思い込みによる誤った先入観で、 彼は情報を発信してHLJ等を手 助けし見返りの提案を受ける程度の人間だった。
彼は「zitaderの責任は重い」と述べてますが、問題を認識していながら紹介した彼や、それを隠蔽して販売 を継続したHLJと異なり、認識していなかった弊 社には何の責任もありません。