← ZM-3509 AFV MODEL LIST Order ? ZM-3511 ⇒

ZM-3510
試製ホイ車
Price.....4400YEN (左の価格は1stロット分です。2ndロット以降は6000円前後への価格改訂を予定してます)

実車概要
 昭和14年春の「国軍戦車体系」で主力戦車のチハ車を支援する車輌の開発が決定されました。
 当初、固定式戦闘室に75粍級の火砲を搭載」の仕様から、チハ車に九〇式野砲を搭載する「一式自走砲」の開発が進められますが、「旋回式砲塔に75粍砲搭載」と仕様が変更された為、チハ車を用い昭和16年4月に日立製作所で「試製ホイ車」試作されました。 又、旋回式砲塔に75粍砲を搭載する為、軽量低反動の「九九式戦車砲」が「九四式山砲」をベ−スに開発され搭載されました。
 試製ホイ車と一式自走砲が比較審査されましたが、対戦車能力が評価され一式自走砲が採用となります。
  不採用となった試製ホイ車でしたが、ドイツより技術譲渡された成形炸薬弾(タ弾)により活路を見出し、後に「二式砲戦車」として制式化、昭和19年に約30輌が生産されました。

製品概要

  1. 2003年に発売した「試製ホイ車改造セット」のリメイク版です。
  2. 2003年版は、砲塔本体は無垢で砲尾は含まれていませんでしたが、このリメイク版は中空にし砲尾を追加しました。
  3. マフラーガードを含むエッチングシート一枚、車長用の閂はメタルパーツにて別パーツ化、立体感を表現
  4. またボーナスパーツとして「47ミリ双連砲架」を追加しておりますので、 九九式戦車砲に替え、この試製火砲を搭載した仮定状態でも作製可能な2in1キットです。(九九式戦車砲用の挽き物砲身は含まれますが、47ミリ戦車砲用の砲身は含まれていません)
(この製品は砲塔だけです。チハ旧車体のキットが別に必要です)
The Contents things of Products.
The example of an assembly.
オプションの双連砲
架にした状態です。

他の画像(ブログにリンクしてます)
← ZM-3509 AFV MODEL LIST Order ? ZM-3511 ⇒